気力が失せる状態でした。
お金ください掲示板や、お金助けて掲示板を利用することで、お金支援が得られるって真剣に思っていました。
無料で気軽に利用出来る場所です。
利用者も大勢いるんです。
確実に、金銭的な出会いをみつけられるって思っていました。
金づるになってくれる、優しい男性との出会いがあると信じていたんですが、結局は空振りでした。
お金をもらって下さいなんて人は掲示板にいない事が判明しました。
仕事も、いつ再開されるか分りません。
求人を探すことも難しい状態です。
新型コロナで、本格的なピンチを迎えてしまった気分で、激しく落ち込んで行きました。

 

 コロナ禍の自粛状態で、高校時代の友人からの連絡が到着しました。
里香は中小企業で働いています。
保証もなく本当に心配だと以前話していました。
そんな彼女の声が明るいのを感じとりました。
「良いことでもあった?」
思わず聞いてしまいました。
「えっ(笑)、まあ、お金の心配が無くなっただけかな」
彼女の言葉に、心臓がバクバクしていきました。
「どうしたの?」と、思わず聞き返してしまいました。
「タニマチと知り合えたの」
「タニマチ?」
タニマチとは何か?
理解出来ていない私でした。

 

 詳しい説明を聞いたところ、衝撃が走りました。
貢いでくれる人との出会いだったのです。
「私も無料掲示板で募集したけど空振りだった」
「ダメダメ、無料のところにまともな人なんかいないから」
彼女は断言するのです。
無料掲示板の危険性を語られてしまいました。
悪意だらけなのが無料の掲示板、詐欺行為が横行中だと言うことでした。
「大体、対価を求めないで、お金をもらって下さいなんて人は、世の中にいないでしょ」
言われてみればその通りです。
虫のいい話です。
彼女は、どんな方法でお金を手にしたのか?
どういう方法で出会えたのか?
強い興味が湧き出しました。
もしかしたら、私にもチャンスがあるかも、そんな気分を強めるばかりでした。

TOPへ